FC2ブログ


それが何を意味していようが、そこに時間が存在し、何かが起き、僅かながらに『ヒトトキ』を感じるものである・・・


再びアンコールワットへ・・・

アンコールトムと言う巨顔遺跡の衝撃を受けたばかりなのに、
これ以上この国で何を見れば良いのだろうか?
ふとそんな思いが馳せてしまうが、この国の遺跡は普通ではなかった。

そう、あの一之瀬泰三が見たかったと言う「アンコールワット」の存在は
アンコールトムとは違った衝撃を与えてくれるのだ・・・

アンコールワットのお堀…
P1020313.jpg
昔ここにはワニがいたと言うが・・・

ここはアンコールワットの西大門(西塔門)
P1020315.jpg
中央の祠の像・・・
何の像だったかな・・・?しっかりと前後の写真を撮影した・・・
P1020318.jpg P1020319.jpg
帝釈天?=インドラ?だったかな?

この西塔門の裏側(アンコールワット側)の壁には女神のレリーフがある。
P1020320.jpg P1020321.jpg
このレリーフはカンボジアで唯一口が開いている。
確か口が開いているのはあまり良い意味では無かったと思う・・・
なぜこのようなレリーフなのか分かっていないんだっけかな?

左右対称の巨大なヒンドゥー教寺院、はクメール建築の最高傑作と言われる。
P1020322.jpg
確か、曇りがちで時折日が射したり、雨がぱらついたりと不安定な天候だったけかな?
P1020327.jpg
アンコールトムとは違った世界観を見せてくれる・・・
ヤシの木が宇宙空間を想像させる…
P1020328.jpg
残念ながら、
私の写真ではこの遺跡の素晴らしさは伝えきることが出来ない・・・
P1020330.jpg
おみやげ物屋の人達・・・

アンコールワットの内部へと続く・・・
スポンサーサイト



このサイトはAmazonアソシエイトを利用しています