FC2ブログ


それが何を意味していようが、そこに時間が存在し、何かが起き、僅かながらに『ヒトトキ』を感じるものである・・・

2011/02123456789101112131415161718192021222324252627282930312011/04



東日本巨大地震、私の場合…

三陸沖で発生した津波の影響は計り知れず、
今なお行方不明者、避難者の安否が心配である…

かくいう私も僅かながら、その被害にあった…

私の会社は海側にある25階建てのビルだが、
普段は窓からその雄大な景色が見え、その先には羽田空港なんかが見えている…

その日は丁度11階の私のオフィスから中国に部材を送ろうとしていた所だ…
荷物を発送するには地下1階の集荷場に荷物を持参するのがルールだ。
エレベータは地下1階への直通と、1階を経由して行く方法があるが、
たまたま私は1階を経由して地下に降る事となった。
1階に着きながら、
「直通じゃなく、ついてないな…」等とぼやきながら降りエレベータのボタンを押したその数秒後…
突然建物が揺れた。
特に、何の感慨も含まずに「そのうち止まるさ」と思っていたが、どうにも地震は止まらない。
それどころか揺れはマスマス酷くなり、壁がひび割れ、天井の排気口がバタンと開くと言ったありさまだ…
とにかく窓ガラスから離れた安全そうな場所で待機した。

数分後…
どうやら地震は弱まったようだが…
このまま、ここにとどまるべきか、外へ出るべきか…
外に出ても頭上の落下物が気になる…
しかし、
迷ったあげく一旦外へ出る事にした。
壁のヒビ割れる様を間近に見た為、少し恐怖感もあったのも事実だ…
すでに外には数十名の避難民が待機しており、できるだけ建物から離れるようにしていた…
エレベータに間一髪で閉じこまれずに済んだのは幸いと言うべきか…

30分程度であろうか、頭上を気にしつつ待機していたが、
上着も無く寒いし、ボロボロのサンダルだし…
私は携帯等はすべて職場においていたので、連絡する事もできないし、
恐らく職場では従業員の安全確認をしているだろう…
悩んだ末、自己責任を呟きながら階段で11階まで昇る事にした。

11階の職場は棚から、様々なものが散乱し酷いありさまだった。
すぐに無事であった事を上長に伝え、サンダルを履き替え、ジャンパーを身の回りの整理を始めた。
すると再び大きな揺れが…
高層建築の中層階は揺れる様な設計だが、たしかに1階にいた時とは違った揺れで、
緊張の為か、少し胃に痛みを感じた…

その後会社の2Fにあるホールへ避難…
以降18:00近くまで、ここで待機する事になる。
なぜなら2m以上の津波警報で、外に出るのも危険との判断だったからだ…
18:00各人の選択によって、会社に残る、歩いて帰宅するの選択がなされた…
私は歩いて帰る事にした。
幸い、家族との連絡がとれ、安全の確認が取れてはいたが一刻も早く家に帰りたいと思ったからだ…
どんなに遅くとも今日中には家に到着すると思っていた…

歩いて帰る事は、薄々覚悟はしていたが、車は大渋滞で、歩いた方が圧倒的に早い、
しかし歩道も歩く人で混雑していて思うように歩けない箇所も何度かあったり、
液状化現象なのだろうか、地面が泥水で覆われている所が何か所か見られた。
しかも、会社からの家路なんて詳細を熟知している訳でもなく不安を抱えながらの帰路であった…

街の中の建物を見ると、外観上それほど大きな被害を受けているようには見えない、
会社のビルの内装はひび割れ、天井からの落下物やらで酷いありさまだったのと対照的である。
会社の地盤はそもそも埋立地なので、地盤が弱いのも影響していたのかも知れない…

途中、停電地帯もあったが、車が渋滞していたおかげで暗闇になる事もなく。
印象的だったのは自転車屋が結構混んでいたのだ。
確かにタクシーに乗るよりは安いかも知れない…

私はとにかく歩き続けた…
私は途中で休憩や食事(幸いな事に居酒屋が開いており、ファーストフードやコンビニよりは空いていた)
を取るなどしたり、近道と思い、お墓の近くを歩いたりしてみた。(人は全くいないし、
車もほとんど通らなかったので少々気味悪かった…)
とある駅では、キャバクラの呼び込みなんかもされた。「地震だから本日2000円です…」
また、左足を痛めてしまった為、後半はかなりペースダウンした。
靴がまだ新しかった為、完全に馴染んでいなかった事も原因だろう…
もっとも体力的な問題もあっただろう…

結局、
総距離数 約26.9km グーグルマップで検索すると所要時間5時間32分
実働は、
家についたのは次の日の0:50で、総所要時間6時間50分…
本当に疲れた…

家についた時、とにかく寝ころんだ…
本当に長い道のりだった…

そして休日明けの本日、
会社からは臨時休暇のお知らせが…
仕方がないが、会社も休んでいる状況では無いので大変だ…

スポンサーサイト



このサイトはAmazonアソシエイトを利用しています