女川-金華山への旅5(震災後の思い)


それが何を意味していようが、そこに時間が存在し、何かが起き、僅かながらに『ヒトトキ』を感じるものである・・・

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんとなく天候に不安を抱えながら、
我々は時刻表を眺め、気仙沼に行く事を決意すると電車に乗り込んだ。

女川から石巻線で前谷地駅まで出向き、
気仙沼線で太平洋沿いに気仙沼駅まで目指す事になるのだが、
乗換駅の前谷地駅でかなりの時間を待つことになった。

ここでの詳細な記憶は残っていないが、
この日も野宿をする事を考えた我々は、
まだ見ぬ土地に備える為に、
100均で自炊用の手鍋(持ってくるのを忘れていた)を買った記憶がある。
まさか、こんなところで100均に出会うなんて夢にも思わなかったが・・・

カップラーメンを装備として持っていたので、
最悪でも夜飯は自炊(湯を沸かすだけ)すれば良いと考えていた。
ちなみに小型のコンロは持参していた。

ただ、残念ながら(?)非常食のカップラーメンは旅の最中で食べる事は無かったのだが・・・

そんな感じでかなりの時間をつぶし、
ようやく気仙沼線に乗り込むことが出来た。

電車は太平洋沿いに走る為か、陸前小泉駅、陸前港駅など・・・、
陸前と名のつく駅が多く車窓から見える海はかなり荒れていた記憶がある。
確か、駅の目の前が海水浴場みたいな感じで、
海水浴を楽しんでいた家族が海からそのまま電車に乗り込んで来たイメージが
残っているが、定かではない・・・

現在ここも2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)の影響で
全線とも不通となっている・・・
あの時の海水浴の家族は無事だろうか・・・
Wikipediaの気仙沼線に掲載されていた震災後の写真をUPしておこう・・・
800px-Shizugawa_Station_platform_after_Tsunami.jpg
志津川駅のプラットホーム・・・
ホーム上を横切るのは津波に捻じ曲げられたレール・・・
800px-Tsuyagawa_Bridge_is_falling_down.jpg
橋桁を越える高さの津波を受け落橋した津谷川橋・・・
見る影もないが、当時電車で通り過ぎて行ったはずである・・・

さて、当時は震災など思いもよらず、
おろかにも気仙沼と言えば、
サメ→フカひれ程度の知識しか持ち合わせていなかったのである・・・
P1000844.jpg

P1000842.jpg
我々はタクシーで近くの市場まで出向き、
フカひれ丼とフカひれラーメンをシェアしながら食べたのである。
P1000840.jpg
フカひれ丼だが、
フカひれをあまり意識する事ができなかった・・・
P1000841.jpg
フカひれラーメン・・・
フカひれはちっぽけなもので感動と言うより落胆した記憶が残っている。

この他、市場には様々な海産物が売っていたが、
我々は眺めるだけで、
これ以上気仙沼にいても仕方が無いねと言う結論に達した。
P1000843.jpg
そこで、我々はもう海には未練は無いと言わんばかりに内陸の一関へと目指したのである。
何故なら一関は学生時代に野宿をした経験があるので、
ここに行けば何とかなると考えたのだ・・・

しかし、気仙沼から内陸方面への旅も、
結構長くかかるものである・・・
P1000849.jpg
何を思うでもなく車窓を眺めると、
雨がポツリポツリと、次第に激しくなったのである・・・

************************************
カテゴリ紹介
●【日常生活のボヤキ】(愚痴や意味の無いボヤキ、ふと思った事など・・・)
●【火曜日の課題整理】(DIYによるより良い住まい作りに四苦八苦・・・)
●【水曜日の映画館】(思い出の中に息づく私の名作たち・・・)
●【金曜日の妄想的裏路地】(妄想を抱きつつ路地裏を歩くストーリ)
●【土曜日の旅行レポ】「女川-金華山」「2010甲府旅行」「カンボジア旅行」
●【小説】「環状線」「カレーな人」「シズカ」
●【人さがし】もしています・・・
************************************
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://hitotok.blog135.fc2.com/tb.php/231-9fce932c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
このサイトはAmazonアソシエイトを利用しています

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。