『未来世紀ブラジル』


それが何を意味していようが、そこに時間が存在し、何かが起き、僅かながらに『ヒトトキ』を感じるものである・・・

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
邦題:『未来世紀ブラジル』
原題:『Brazil』
公開年: 1985年2月22日 イギリス
1986年10月10日 日本
制作国: イギリス
監督:  テリー・ギリアム
上映時間:131/142分色々なバージョンがあるようだ・・・
001_20110525201602.jpeg
ティム・バートンの鉛色の世界観と同じ様に、
テリー・ギリアムの混沌とした不可思議な世界観には
良い悪い共に賛否が両論でしょう・・・
004_20110525201601.jpeg 0022.jpeg
シナリオの完成度や作品の説得力に注視して判断をするよりも
『裸のランチ』の様に、観たままを感じれば良い・・・
003_20110525201601.jpeg
正直、良い悪いを判断するには基準が必要だが、
こういった作品の場合、また観たくなるかどうかで判断する・・・
005_20110525201601.jpeg
知らない不可思議な世界の事を考えると理解は難しいが、
つい、また覗いて観たくなってしまう・・・

もっとも、
今の私としてはテリーギリアムの『バンデットQ』を観て見たい。
006_20110525201600.jpeg
かれこれ中学生の頃(?)にテレビで放映されたのを見て依頼、
ビデオのパッケージすらお目にかかれない・・・

************************************
カテゴリ紹介
●【日常生活のボヤキ】(愚痴や意味の無いボヤキ、ふと思った事など・・・)
●【火曜日の課題整理】(DIYによるより良い住まい作りに四苦八苦・・・)
●【水曜日の映画館】(思い出の中に息づく私の名作たち・・・)
●【金曜日の妄想的裏路地】(妄想を抱きつつ路地裏を歩くストーリ)
●【土曜日の旅行レポ】「女川-金華山」「2010甲府旅行」「カンボジア旅行」
●【小説】「環状線」「カレーな人」「シズカ」
●【人さがし】もしています・・・
************************************
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://hitotok.blog135.fc2.com/tb.php/244-6432186e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
このサイトはAmazonアソシエイトを利用しています

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。