会社への苛立ち・・・


それが何を意味していようが、そこに時間が存在し、何かが起き、僅かながらに『ヒトトキ』を感じるものである・・・

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私の会社は2010年度の決算は黒字となりました。
しかし、私の2011年度の収入は約25%ダウンと決まってしまいました。
ちなみに、
2010年度の収入は規定の約20%ダウン
2009年度の収入は規定の約30%ダウン

ありがちですが、
上記に加え、
仕事量は増え、人員を削除されてしまっています。
001_20110526210842.jpeg
詳細を言いますと、
去年の12月時点で正社員5人、派遣3人で運営していた仕事を
今年から正社員2人、派遣3人で運営する事になりました。
当初は仕事の引継ぎや、仕事量の増大の為大変ではありましたが、
ようやく最近落ち着いてきて、
残業もほとんどしなくても済むようになりました。
給料カットされている状態で残業するのも嫌だし・・・

ところが、ある日突然、
私ともう一人の正社員が上司に呼ばれ、
残業をしてくれと言われてしまいました。
002_20110526210842.jpeg
実は、
私ともう一人の社員は私の部署の中でも残業をあまりしない方なのです。
とは言え、残業をしない訳ではありません、
トラぶれば夜の12時近くまで残った事も、何度かありますし、
必要な時には当然残業は実施します・・・

ようするに、
残業しないと仕事量が軽いと見なされ、
派遣の方が切られてしまうかも知れないとの事でした・・・
別に仕事が終わらないとか、
通常業務とは別の次世代に向けたプロジェクトを遂行しないとか、
そう言う事ではないのです・・・

私としては、
なるほど、確かにそうだ、じゃ残業しなければ・・・
と言う事で、表面上は残業をする事にしました。
何故なら、この会社を辞める事ができない私としては、
上司の指示に従わない訳にはいかないと考えたからです・・・
005_20110526210841.jpeg
しかし、
思うところもあります。
今まで、8人でこなしていた仕事を5人で、
しかも短時間で回す事が出来ている事実についての評価は全くなされてません・・・
それどころか仕事量が少ないと思われてしまうかも知れないなんて・・・

100歩譲って、仕事量が少ないとしましょう、
しかし今までは8人で何年にも渡って仕事を回してきた事実があったのです。
それを5人で回せる様になったのです。まずはこれを評価すべきだと思います。
003_20110526210842.jpeg
従業員の収入をカットして黒字化する企業の体質が垣間見えてしまいますが、
残業手当はキチンともらえます。
私としては好きな仕事ではないので、早く帰りたいのですが・・・

ちなみに私のグループには数には入れていませんが、
上記以外に私よりも高級取りで仕事をしない人が1名います。
派遣の方を切るよりも、高給取りで仕事をしない(文字通り仕事をしない)
正社員の方を切って欲しいと思います。
004_20110526210842.jpeg
ちなみに部課長の方は労働組合があるから、この方を切る事が出来ない、
とか、
指導をしても言う事を聞いてくれない・・・
だから仕方が無いのだそうです・・・

まるでテレビに出てくる政治家や官僚、
不祥事を起した企業の責任者を見るようです・・・

***********************************
カテゴリ紹介
●【日常生活のボヤキ】(愚痴や意味の無いボヤキ、ふと思った事など・・・)
●【火曜日の課題整理】(DIYによるより良い住まい作りに四苦八苦・・・)
●【水曜日の映画館】(思い出の中に息づく私の名作たち・・・)
●【金曜日の妄想的裏路地】(妄想を抱きつつ路地裏を歩くストーリ)
●【土曜日の旅行レポ】「女川-金華山」「2010甲府旅行」「カンボジア旅行」
●【小説】「環状線」「カレーな人」「シズカ」
●【人さがし】もしています・・・
************************************
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://hitotok.blog135.fc2.com/tb.php/245-d1a69726
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
このサイトはAmazonアソシエイトを利用しています

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。