裏路地小劇場 そらへ 終幕


それが何を意味していようが、そこに時間が存在し、何かが起き、僅かながらに『ヒトトキ』を感じるものである・・・

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
土星に対しては惑星を囲む様に輝く神秘的な環に憧れがあった。

しかし、
その憧れも環が巨大な岩石や氷塊の集まりであることを目の当たりにすると、
絶対的なまでの荒々しさに畏怖せずにはいられなかった。

 222.jpg

驚いた事に大地に降り立つとぼくと同じような雰囲気の人たちで溢れていたが、
ほとんどの人はまだ若い世代の人たちばかりの様に見えた。

面白いことに皆が巨大な望遠鏡を手にとって同じ方角を眺めていた。

望遠鏡からは地球が見え、
心なしか地球の色が赤茶けた色から黒色に変わり行くのが見える。
かつての青い惑星からは想像出来ない光景である。

ぼくは来る日も来る日も望遠鏡を覗き、
生きて行くための唯一の惑星だと思っていた故郷である地球を見続けた。

ありがたい事に、
この星でも我々の食事は保証された。
配給される食事は定期的に、感覚的には六時間毎に、
パッケージにくるまれた荷物が空から落下傘式に個人個人に降って来るのである。

大抵はレバニラ炒め定食やさばの味噌煮等の定食がほとんどであったが
時折そばやうどんと言った麺類の時もあり駄菓子が添えられることもあった。

 111_2014011021153754b.jpg

食べ終わった後は回収場と書かれた大きな創庫のベルトコンベアに乗せれば良かった。

それにしてもここへ来てからどのくらい地球を眺めていただろうか、
そのうち地球は真っ黒に成り果ててしまった。

しかし、
元々暗闇ばかりに視界を埋め尽くされていたぼくにとっては
それほど大きな衝撃にはなり得なかった。

すると地球から数十名ほどの人たちが大きな宇宙船に乗って土星に避難してきた。
彼らは土星に着たことにえらく感動している様で、
自分たちこそが初めて土星の地を踏んだ人類だとはしゃぎ我々の存在を無視した。

 4RIA-133043-Preview.jpg

しかし、
幾日か過ぎて行くと彼らの食料が底をつき我々の存在を無視する訳には行かなくなった。
何故ならば我々には配給される食事は彼らには配られなかったからだ。

すると彼らは権利を主張し、
人間の平等性を訴え秩序を守るためだと言いながら
私たちに配給された食料を均等に分けるルールを強制した。

しかもそのルールを守るために重要なポジションを設置し、
そのポジションごとに我々の食料配給の配分を変えた。
重要なポジションには地球から避難してきた彼らが付いた。

 db6f65c6.jpg

最初の内は彼らも食料が必要なのだろうと仕方がないと思って見ていたが
彼らは事あるごとに食料の配給量を変えて行き、
次第に住む場所や広さまでがポジションごとに制限される様になった。

そんな日々が続いて行くと我々に二次的に配給される食料は僅かなものとなった。

更に、地球から宇宙船で避難してきた人々が増えると
彼らは我々に食料を自活して増やす為の労働を強いるようになった。

自活する為の農作物や家畜は彼らの宇宙船につまれ運ばれて来た。
彼らの生活は少しずつだが豊かになっていった。

ある日彼らの子供達が近寄って働いているぼくらに言った。

「お前らパパとママいないのかよ?
チャンと塾に行って良い学校に入らないからそういう風になるんだよ!
うちのパパとママもちゃんと良い学校出で会社の役員で年収も凄かったんだぞ!」

子供たちはぼくらに背を向けると
天使の様な笑みを浮かべて元いた環のなかに入っていった。

 f390e42d-755a-497a-a848-c9bd3bf0075d_l.jpg

ぼくらはそんな無邪気な子供を笑みを浮かべて、
まるでテレビの中に存在する脚色された虚構というドラマの
中の出来事のように眺めていた。

彼らの決めたノルマを達成するには今日もサービス残業をしなければならないだろう。
そんな過酷な労働の中で次第に宇宙を見上げる日々が多くなり、
一人、また一人と我々の中の人々がいなくなって行った。

ぼくも隠しておいた自転車に乗ると、どこか別の惑星を目指す事にした。
眼下には彼らの乗ってきた大型の宇宙船が見えた。

彼らのたくましい生命力の強さと知性。
何となく羨ましくも思えたが、ぼくは今この瞬間を精一杯生きるだけだった……


裏路地小劇場 そらへ 終幕 完









スポンサーサイト
この記事へのコメント
みちに迷い込んだらアングラな小劇場がありました。
2014/01/11(土) 11:13 | URL | とおりすがり #LTyAn782[ 編集]
Re: タイトルなし
ほんのわずかでも裏路地の雰囲気を感じていただければ幸いです。
2014/01/11(土) 22:35 | URL | 風鈴のチリリンという音 #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://hitotok.blog135.fc2.com/tb.php/312-078d3100
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
このサイトはAmazonアソシエイトを利用しています

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。