最近在るもので何とかする


それが何を意味していようが、そこに時間が存在し、何かが起き、僅かながらに『ヒトトキ』を感じるものである・・・

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
例えば、

ビデオレンタル屋なんて行かないで
テレビ東京やMXテレビで
放送している映画を撮りためておいて
ちょっとずつ観る。

もうBGM感覚である……
でもちょっと違うか?

結構一生懸命観ようとする時もあるけれど
気づくとエンディングを向かえている。
まあ眠り込んでいた身体に文句も言わずに
録画を消去してしまうのだが……

そうでない時もあるがテレビ東京の映画の場合、
シーンがカットされているので少し残念に思う事もある。

今朝みたラッセハルストレムの「ショコラ」がそうだった。

前日の夜にみた「アナコンダ3」は
女優のクリスタルアレンの色気しか印象に残らなかったが……

あれ?
何の話をしていたのやら……

そう、
在るもので何かをしようとすると
大抵の事は出来てしまうことに気づいた。

そして、
裏路地小劇場の作品も在るもので
やりくりして創られている。

それは大抵は頭のなかに存在する壊れかけた
記憶の破片から創られる。

どういう風に作品を創るか?
冷蔵庫の残り物から夜のオツマミを造るのに似ている。

美味いか不味いかはその時次第、
早く出来るか腐ってゴミになるかもその時次第……

でも完成後は酒のツマミくらいにはなるでしょう。
なんと言っても在るもので創っているのだから無駄にはならないはずで……

ただ、
少し時間がかかるのは……

そんな時……

深く考えず……
「ポールのミラクル大作戦」を観ています……

スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://hitotok.blog135.fc2.com/tb.php/314-eba89b2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
このサイトはAmazonアソシエイトを利用しています

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。