裏路地小劇場 場末のひと 終幕


それが何を意味していようが、そこに時間が存在し、何かが起き、僅かながらに『ヒトトキ』を感じるものである・・・

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「もういっちまいましたかい?」

イヤミな皮肉を含んだ聞いたことのある喋り方だったが、
私の意識はほとんど現実とは切り離されていた。

「いいや、あともう少しだろう……」

骨董屋は椅子にのけぞるように深く座り直すと
大きなサングラスをかけた無精髭の男を見て身構えるように腕を組んだ。

男の隣には目玉の大きな背の高い女が亡霊の様に佇んでいる。

 005_20140223112539e60.jpg

「この患者はどこのテレビ局が買うんだ?」
骨董屋は異様な雰囲気を漂わせた二人を見つめた。

「さあ、ただテレビ局に対して特に危険な思想の持ち主なんで
高く売れるんじゃないですかね。

ここまできちんと規格をクリアした輩は久しぶりですよ。

こういうやつは早くから芽を摘んで置かないと危険ですから……

まあ、そのうち反テレビ組織向けの見せしめとして
放送作家が上手い役どころを与えて演出するんじゃないですか……」

 001_20140223110255a6c.jpg

サングラスの男は隣の目と頭の大きい女に手を引かれ部屋の中に入り込んだ。
どうやら目が見えないらしい……

「つくずく考えさせられるが、正しい目で物事を見ようとするほど
人間は現実という不条理を思い知らされおかしくなってしまう。
この患者がその最もたる例だろう……」

 002_2014022311025746b.jpg

「仕方がないですよ、
金も権力もないやつはお上の発信する情報に疑問を持つなんてありえない……

それがどんなに間違った情報であろうがテレビが正しいと言えば
そう思わなければいけない。

ほら、あの爆発した原発だってそうじゃないですか、

崩壊した原子力発電所がどんなに危険でも
安全って言えばそれを視聴者は信じなければならないんだ。

こいつのように空気を読めないやつは排除されるしか無い……

正しいとか、自由な思想ってやつは金と権力に比例して大きくなるんだ。

 007_20140228212403c20.jpg

どんなに汚い事をやっている奴でも
金と権力を持って綺麗事さえ言ってれば尊敬の対称となるんだから……
もっとも無茶苦茶な事を言っても重要なポジションにい続ける大物もいますがね……

コーヒーあっしにももらえますか?」

男はカップを受けとると口につけ苦いと小さく呟きながら砂糖を催促した。

「まあいずれにしても
一般視聴者が喜びそうな事件の出演者にでもなるんじゃないですかね……

ほらテレビ局の利権を犯そうと騒いでいる政治家どもいるじゃないですか?

テレビの電波は公共のものだから市場に開放せよとか、
税制上の優遇をなくせとか……

こいつら自分達のことは棚にあげて善人者ぶりやがって、

 003_201402231102583fd.jpg

適当な裏金問題を演出して、
こいつを告発者に仕立てあげ自殺でもさせれば面白いかも知れないですよ。

そして奴らの泣きっ面をテレビで放送したりして……、

いやあ、あっしは目が見えないのでアレですが本当にテレビッて面白いですよ!

これを真に受ける奴らがいると思うと一層笑いがとまりませんぜ!

 006_201402231132003fd.jpg

考えても見てくださいよ!

ほんのちょっとでも脚色や演出があったらどれだけ現実と違ってくるか?

奴ら分かっているふりして実際なんにも分かっちゃいない。

もっともテレビみている奴ら自身も

案外現実を偽って生きているのかも知れないですがね……」

骨董屋は不気味に笑う男を嫌悪の眼差しで見つめると
観念したかのようにため息を吐いた。

「世の中を動かし歴史を創り出しているのはテレビなのだから、
我々は黙って見ているしかないのだ……

 004_20140223110259155.jpg

また、
例えテレビを見なかったとしてもテレビを観た大多数の視聴者によって
世の中の仕組みは形造られ、その影響から逃れる事は出来ないのだ……

テレビ側の人間で、よくテレビを見なければ良いと言う輩がいるが、
それも確信犯的に視聴者を嘲っている言葉にすぎないのだ……」

骨董屋は椅子でだらしなく口を開け
よだれを垂らしている哀れな私に冷たい視線を送った……



裏路地小劇場 場末のひと 完








スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://hitotok.blog135.fc2.com/tb.php/333-5a35ce15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
このサイトはAmazonアソシエイトを利用しています

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。