「報道自由度ランキング」


それが何を意味していようが、そこに時間が存在し、何かが起き、僅かながらに『ヒトトキ』を感じるものである・・・

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
発端ウクライナロシアの関係を調べていたのが始まりだった。

世界に視野を向けると、
日本よりも格段に生命の危機に晒される国がどれだけ多いことか……

そんな事を思いながら、
世界の紛争がらみの記事を検索し、
ふとシリアと言う国がどの位置に存在するのかが知りたくなった……

 002_20140304212451de9.jpg

なるほど……
皆さんは御存知だっただろうか?

そんな時に、
ウィキペディア内で下記の様な文章に気づいた。

国際NGOフリーダム・ハウスは、
毎年発表する「世界の自由度」調査の結果を基に
シリアは「自由ではない」と断じた。

なに!
世の中何かと不自由が多いものだが、
「世界の自由度」などというものがあるのか……

 005_20140305205333c91.jpg

当然我が日本がどうなっているのか興味を惹かれた。

検索すると「ウィキペディア」や「世界経済ネタ帳」にて
「報道自由度ランキング」というのが出てきた。

世界の自由度とはどうやら「報道自由度ランキング」を指すみたいだ。

一応記載データの内容について説明書きがされている
「世界経済のネタ帳」を元に記載すると……

2014年の報道の自由度ランキング(対象国:180ケ国)

①ジャーナリストによる非政府組織
「国境なき記者団(Reporters Without Borders)」が公表している
「世界の報道の自由度指数(World press freedom index)」を基に作成。

② 報道の自由に対する侵害について、ジャーナリストに対する拘束や暴力、
メディア規制、インターネット検閲などの項目で調査している。


順位の記載は一部抜粋のみ
(すべての順位は「世界経済のネタ帳」を参照の事)

1位:フィンランド
2位:オランダ
3位:ノルウェー
5位:アンドラ

10位:スウェーデン
14位:ドイツ
18位:カナダ
23位:ベルギー
33位:イギリス
35位:スペイン

39位:フランス

42位:南アフリカ
46位:アメリカ
49位:イタリア
50位:台湾

55位:アルゼンチン
56位:モルドバ
57位:韓国58位:チリ

59位:日本

60位:モーリタニア
61位:香港
62位:セネガル
63位:トンガ
64位:ハンガリー
65位:クロアチア

66位:ボスニア・ヘルツェゴビナ
80位:コソボ
88位:モンゴル
91位:クウェート
96位:イスラエル
99位:ギリシア
111位:ブラジル
118位:アラブ首長国連邦
125位:グアテマラ

127位:ウクライナ

130位:タイ

140位:インド

148位:ロシア

152位:メキシコ
153位:イラク
164位:サウジアラビア
175位:中国177位:シリア
178位:トルクメニスタン
179位:北朝鮮180位:エリトリア

日本は59位である。
これが良い結果なのか悪い結果なのかはよく分からないが、

北朝鮮や中国よりは良く、
韓国、チリ、香港、ハンガリーあたりと同等レベルと思われているようだ。

さて、
ここで「国境なき記者団」について調べるとフランス・パリに本部があり、
日本の記者クラブ制度を「排他的で報道の自由を阻害している」
と強く批判している。

  006_20140305205551a63.jpg

記者クラブの悪名は何度か聞いたことがあるが、
こいつが元凶か!?

またウィキペディア「世界報道自由度ランキング」を見ると、
日本は2010年に11位にランキングされている。

なぜ、こんなにランキングが落ちてしまうのか?

これには理由が有るらしい、
記事によると近年の福島第一原発をはじめとした報道の不透明さや
政府などから開示情報量の少なさ、

 007_20140305210238163.jpg

記者クラブ制度の閉鎖性などから信頼を失墜し、
年々指標が下がり続けて順位も11位から53位(2013年)
まで落としたみたいだ。

また今回の2014年には更に59位とランキングを落としているが、
これは上記に加え、
特定秘密保護法の成立が影響しているようだ。

もっと言うと、
元々日本は2002年~2008年の間は26位~51位の間を動いていた。
(平均38位)

それが2009年に17位、2010年に11位になったのは
何故だろうか?

調べてみると同じ様な時期に下記のような事が発生し
影響したのかも知れない……

・2010年3月4日
日本新聞労働組合連合(新聞労連)が記者クラブの
全面開放をもとめる声明を発表。

・2010年3月26日
内閣総理大臣の鳩山由紀夫は、記者クラブに属さない記者を
記者会見に参加させた。


  008_20140305210850b09.jpg

また、フランスもきちんとランキングされているにも関わらず、
日本語のウィキペディアのランキングにはフランスが入っていないのは
理由が?である。

ちなみに、他言語版をクリックすると言語によって表示する年度や国数が異なるが、
フランスのランキングはきちんと存在する。

なぜ日本語のウィキペディアにはフランスが入っていないのだろうか?

このランキングをどう見るかは、人それぞれだろう……



裏路地小劇場 魔法少女 第一幕 近日公開!


スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://hitotok.blog135.fc2.com/tb.php/337-4aee97bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
このサイトはAmazonアソシエイトを利用しています

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。