睡眠時における夢と目覚めにおける脳の動き……


それが何を意味していようが、そこに時間が存在し、何かが起き、僅かながらに『ヒトトキ』を感じるものである・・・

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近睡眠中の夢の時間がやけに長く感じ、

夢の内容をはっきりと覚えている反面、
目覚めた時の脳の疲労感や夢によるストレス感が著しい……

    002_20140319203528758.jpg

既に、
このような状況に陥って一週間程経過しただろうか、
こう毎日同じ様な現象が繰り返されると辛いものであり、

それは裏路地小劇場に連載中の「魔法少女」の
最終幕が思うように描くことが出来ない事に深く直結していた……

    003_20140319203917d8e.jpg

実は、このような事は初めてではなく、
つい最近、ちょうど二ヶ月ほど前であろうか……

同じような現象が発生して解決した事を思い出した。

その頃は真冬で、
寒がりなぼくは枕を温かい毛布でくるみ、
保温効果を上げる事を試みた。

確かに、
眠る時は言うに及ばず、寝ている時、
目覚める時ともども寒さを凌げるようになった。

しかし、日を追うに従って夢が非常に長く感じる様になったきた。

それこそ一晩中夢の世界で活動していたのではと思えるほど長く感じ、
目覚めたあとには疲労感とストレスに溢れる日々が続いた。

  004_20140319210825f18.jpg

そんな日々が二週間程だろうか、長く続くと耐え切れなくなり、
ようやく睡眠について調べる事を思い至った……

睡眠について調べてみると、

睡眠中、人間の体温は寝汗をかいたり、
汗をかいたりして体温が上昇していると
感じる事があるが、実際には睡眠中は体温が下がっているという……

これは体温を放熱するために身体の表面は暖かくなっているだけで、
深部の体温は低下している事だと言う……

さらに、
睡眠は脳を休ませ、疲労を回復、
ストレスの解消などにも必要な行動である。

特に熟睡中には脳の温度も下げながら疲労を回復させるので、
脳の温度が高いと脳が活発になり疲労の回復が困難である。


なるほど!
脳と温度の関係が重要なのか!

夢が長く続く疲労とストレスを感じる原因が
枕に巻いた毛布だと思い至った。

さっそくその日から枕に巻いた毛布を取り外してみると、
予想とおりの効果が発揮され夢を意識することが少なくなってきた。

それは脳の疲労感とストレスを軽減し、
何時しかツライ症状も改善された……

 005_2014031921305966e.jpg

今回も同じ様な現象である。

おそらく最近の気温の上昇に伴い、
脳の温度が下がりにくくなったのと、
未だに真冬と同じような寝具で居ることが原因なのだろうか?

もしかしたら、
暖かくなると少しおかしい人が出てくると聞いた事があるが、
温度と脳の関係が影響しているのかも知れない……

何はともあれ、
早速、今夜は枕にアイスノンを忍ばせて睡眠してみよう……



次回 裏路地小劇場 魔法少女 第三幕 ご期待ください!







スポンサーサイト
この記事へのコメント
初めまして。
こんばんは。
ご来訪ありがとうございました。
睡眠のメカニズムってそうだったんですね。
知らなかったので勉強になりました。
2014/03/20(木) 23:21 | URL | 百代 月日 #-[ 編集]
Re: 初めまして。
こちらこそ初めまして、コメントありがとうございます。
睡眠の結果報告は、また今度したいと思います……
2014/03/21(金) 21:32 | URL | 風鈴のチリリンという音 #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://hitotok.blog135.fc2.com/tb.php/344-5433a684
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
このサイトはAmazonアソシエイトを利用しています

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。