裏路地小劇場 夜の目覚め 終幕


それが何を意味していようが、そこに時間が存在し、何かが起き、僅かながらに『ヒトトキ』を感じるものである・・・

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝明けに染まる頃ふと目が覚めた。

気だるい感覚に襲われ、
血液が鉄の液体で満たされているかの様に身体がやけに重く感じた。

 001uraroji_201405171426464a6.jpg

それでも布団から起き上がり
おぼつかない足取りで洗面所の鏡の前に立ち尽くし、

自分の姿に見いった。

何故かひどく身体が重く感じた。
それもそのはずで身体中に鉄の管が増殖し、

ぼくの体重を増やしていたのだ。

しかも鉄の管は少しずつ増え続け立っていられない程の重さにまで到達すると、
ぼくを完全に飲み込み繭のような形を形成した。

 002uraroji_20140517142647d93.jpg

それから、
どれだけの月日が経過したのか分からないが、

ぼくは心地よさを感じながら長い眠りについていた。

しかも、
目覚めた時には鉄の繭はか細い絹糸の様に真っ白に変色し、
綿飴の様にチリチリに溶けさった。

こうして繭の外へ出た時には世界は真っ白い廃墟と化していた。

家と言う家が崩れ去り、野良ネコの気配すらなかった。

誰もいない世界だろうか?

それでも、
遠くの方に一軒定食屋を見つけた。

何気に腹の減っている自分に気づいた。

 004uraroji_20140517142650b35.jpg

店に入ると、
真っ白いオバチャンと数人の真っ白い客がいた。

何もかもが真っ白だが、
みんなが食べている定食だけが綺麗な彩りに溢れていた。

ぼくはオバチャンにレバニラ炒め定食を注文した。

お金は持っていなかったが、不思議と大丈夫な気がした。

真っ白い客たちは脇目も振らずに一心不乱に定食を食べていて、
余りの美味しさなのか涙を流すものまでいた。

腹が鳴った。

もう限界なほどに餓えた感覚が沸き上がり、
食べ物のにおいにヨダレがほとばしった。

同時に絶妙なタイミングでオバチャンがレバニラ炒め定食を運んできた。

 003uraroji_20140517142648e39.jpg

割り箸を口でくわえて割るとパキンっと音が弾けて、
味噌汁を啜った。

芳ばしい味噌の風味が広がり、身体中の渇きを潤して行く……

一呼吸して、
どんぶり飯を抱え、レバニラ炒めと共にメシを方張った。

「美味しい……」
ぼく好みに味付けされた料理は飢えや、
味覚だけを満たすのではなく安心して食事をすると言う行為をもたらした。

こんなに美味しい食事は久しぶりだと思った。

何故だか分からないが、
かつて味わった美味しい記憶がよみがえり、

それと共に楽しかった記憶の存在に気づいた。

給食で食べたカレーライスの味や、駄菓子屋で買った真っ赤なスモモ、
そして紙芝居屋で食べたくるくるパーの甘酸っぱい水飴……

 005uraroji_20140517142651bf2.jpg

自然と涙が溢れるなか、
ぼくは全てのしがらみから解放されたのを悟った。

かつて感じていた深遠なる闇にまみれた未来や、
ただ息を吸い飢えをしのぐだけの現在、そして多くのツラい過去……

そんな日常的な感覚を意識すること無く、
僅かばかりの楽しい思い出を噛みしめることの出来るヒトトキ……

ぼくは、
何となしにホッと安堵のため息をこぼしたのだ……
 
裏路地小劇場 夜の目覚め 完








スポンサーサイト
この記事へのコメント
 こんばんは、初めてコメントします。

 砂の女、映画化していたのですか?
 原作は面白いですね。感動しました。
2014/05/19(月) 22:58 | URL | ひねくれくうみん #CHU9Pd.s[ 編集]
Re: タイトルなし
コメント有り難うございます。
砂の女の映画はオープニングの演出など、原作に負けない味わいがあると思います。
機会があればぜひ観てください。
2014/05/20(火) 19:39 | URL | 風鈴のチリリンという音 #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://hitotok.blog135.fc2.com/tb.php/375-d4248489
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
このサイトはAmazonアソシエイトを利用しています

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。