創造の中に存在した立水栓 2 庭とDIY


それが何を意味していようが、そこに時間が存在し、何かが起き、僅かながらに『ヒトトキ』を感じるものである・・・

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 水曜日だけど火曜日の課題整理・・・・・・

 先日のコンクリートによる立水栓のヘッドパーツに続き、
 土台のデザインを決めるべくレンガと自然石を仮に置いてみた……

 先日の記事はこちら……
 創造の中に存在した立水栓 1 庭とDIY

 uraroji001_20140610215106062.jpg

 やっぱり、レンガだけで整然と置いてもつまらないので、
 所々に自然石を置いたほうが自分好みである……

 しかも左右非対称……

 ざっくりと仮置きを済ませた後はコンクリを練るのだが、
 108円のバケツで何杯コンクリを練っただろうか?

 とにかく重労働である。

 また、今回市販のU字のコンクリートを使用しているので、
 手製のコンクリやモルタルとの接着性を強化する為に、
 セメント用の接着剤を使用した。

   uraroji004_20140611192157e00.jpg

 地面を踏み鳴らし砂利で固め、
 範囲が狭いとは言え、バケツ4、5杯のコンクリートを流し込む……

 uraroji002_2014061022035734f.jpg

 よくレンガをはみ出たコンクリやモルタルは綺麗なスポンジで拭き取るとあるが、
 実際スポンジが直ぐにボロボロになって使い物にならなくなってしまう……

 写真はある程度固まったら、シャワーで洗い流してしまった。

 まあ、白華の影響が懸念されるが、
 自分のやり方だと、スポンジでは綺麗に拭き取ることは出来なかった……
 排水の確認もかねて実施したが、おおむね良好のようだった。

 ここから1週間あけて
 レンガ積み作業と、先日のヘッドパーツを乗せてみた。

 uraroji003_201406102203084e9.jpg

 まあ、大分イメージ通りに出来上がってきている事が伺える。

 写真はレンガを三段までしか積んでいないが、これが思いのほか難しかった。
 貼り付けたはずのレンガが剥がれて倒れてきてしまうのだ。

 仕方なく、
 周りでレンガを別に積んで貼り付けるレンガを押さえながら
 レンガ積みをした……

 更に、ここから先は同じ様にレンガを積んでもつまらないので、
 少し変化を入れようと、ふと思いついてしまった。

 しかし、
 その新たな課題の解決に、再び頭を悩ますのである……

 白華に限らず、
 セメント作業は本当に難しいのである。









スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://hitotok.blog135.fc2.com/tb.php/388-a760aa68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
このサイトはAmazonアソシエイトを利用しています

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。