創造の中に存在した立水栓3 庭とDIY


それが何を意味していようが、そこに時間が存在し、何かが起き、僅かながらに『ヒトトキ』を感じるものである・・・

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 水曜日だけど火曜日の課題整理・・・・・・

 庭に立水栓を創ろうと思って早二年

 ようやくやる気が出たものの不安定な天気の中、
 週末に雨が降れば工事は出来ないし、

 かといって晴れた週末を迎えたとしても、

 その全ての時間を立水栓のレンガ積み作業に
 費やすことが出来ないモドカシイ今日このごろ……

 それでも、少しづつではあるが作業は進んでいた。
 
 先日レンガを三段まで積んだところまでの記事を紹介した。

 創造の中に存在した立水栓 2 庭とDIY

 そう……

 なんか、このまま積んでもツマラないので、
 レンガの積み方を変え、少し変化を加えようと思ったのだ……

 その為には、
 レンガとコンクリートに穴を開ける必要があった。

 今までの人生において、
 レンガや、コンクリートに穴を開けようなどと

 思った事など無かったのに、
 その必要性が突発的に訪れたのである……

 お金をかけるのも嫌だったので、
 108円の専用ドリルを購入し煉瓦に穴を開けようとした。

 uraroji1.jpg

 写真の通り、普通のインパクトドライバーでも、
 ゆっくりと回転させればレンガの穴あけは思いのほか

 簡単に開ける事が出来ると分かった……

 しかし、U字コンクリートは簡単にはイカなかった。

 uraroji2.jpg

 時間をかけると
 ある程度まで穴は開くのだが、

 どうしても貫通することが出来なかった。

 色々な方法を試すがなかなかうまくいかない……

 uraroji3.jpg

 最後にとった行動は、
 鉄のハンマーで無理やり貫通させようと言うものだった。

 uraroji4.jpg

 コンクリートにヒビでも入ったら嫌だなと思いつつ、
 コースレッドの頭を熱心にハンマーで叩き続ける。

 それでも簡単には貫通はしなかったが、
 思いが通じたのか、

 その瞬間は、
 破裂するかのようにコンクリートは見事に貫通した……

 uraroji5.jpg

 剥がれたコンクリート片を見ると分かるが、
 黒っぽい石の骨材が穴の先を塞いでいたのだ。

 uraroji6.jpg

 石の骨材の前にはインパクトドライバーは全くの無力であった。
 ドリル自体も108円の安物だから余計かも知れない?

 結局、
 たった1つの穴を開けるために1時間ほど費やしただろうか……

 雨の降りしきる日の作業はこれで幕を閉じ、

 天候不順と用事の為、
 次の作業をするのに更に一周間の時間の経過が必要だった……

 しかし、不安は付きまとう、
 何故なら穴はもう一つ開けねばならないからだ……

 既に書いたとおり、
 ドリルが通るか通らないかは運次第だからだ。

 穴を開けたい箇所に骨材があれば、
 先ほどの例の通りドリル攻撃は意味を成さないのだ。

 せめて、
 ある程度穴を掘り進む事が出来れば、
 後は力づくで貫通させることも可能だろう……

 だが、不安は見事に的中することになる。
 写真では分かりにくいと思うが最初から硬い骨材が……

 uraroji7.jpg

 いきなり現れた敵の親玉に出鼻を挫かれる様なものである。

 一体どうすれば……

 しばしの間悩んで意を決した。

 タガネとハンマーで穴を開けてやろうと……

 uraroji8.jpg

 カチーン!
 カチーン!カチーン!

 休日の昼前から騒音を轟く……

 間違えなく近所迷惑である。

 嗚呼……
 もう少し、ほんのもう少しで終わるから……

 嗚呼……
 やばいかな、これちょっとうるさいよな……

 なんとも恐縮しながらの作業である。

 なかなかコンクリートを掘り進めると言う作業は
 至極至難の技である。

 それでも、
 タガネから鉄の棒に獲物を替え、

 ハンマーをひたすら叩く作業は報われ、
 なんとか貫通することが出来たのである。

 御近所様 
 申し訳ありませんでした!

 uraroji9.jpg

 ただし……

 ここまで苦労した割には、
 やろうと思った事は、こんな程度のことなのです。

 uraroji10.jpg

 そりゃ、

 疲れは3割り増しです……


 



スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://hitotok.blog135.fc2.com/tb.php/390-52c80b09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
このサイトはAmazonアソシエイトを利用しています

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。