裏路地小劇場 即興新潟県 第七幕


それが何を意味していようが、そこに時間が存在し、何かが起き、僅かながらに『ヒトトキ』を感じるものである・・・

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

17号線
何処までも下って行くと、
すっかりと夜も明け、どんよりとした雲が空を覆っている様が

フロントガラス越しに見ることができた。

時折パラパラと窓を打ち付ける雨粒があるものの、
辛うじで曇り空を維持していた……

確か、台風のピークは今日のはず、
今日を乗り越えれば、晴れた夏の日差しが体感できるはずだ……

 0021uraroji.jpg

17号を通って桶川市を通り抜けてゆくと、
自然と桶川ストーカー殺人事件の事が思い出され、

被害者と恐ろしい殺人者たちの攻防や、

唯一の希望であったはずの埼玉県上尾警察署の不正と
裏切り事が自然と思い出されてしまう。

最終的には写真週刊誌FOCUSの清水潔氏らの活躍により
事件の全貌が明らかとなり、

 001uraroji_201409131152135c1.jpg

加害者の主犯は自殺をし、警察内部の闇を世間に知らしめた。

そして、
このような気持ちの悪くなるおぞましい事件は幾度と無く繰り返され、
警察機関の腐敗振りも同じ様に繰り返されてきている……

熊谷市を抜け、伊勢崎方面を突き進むと、
群馬県庁手前を右折して渋川伊香保方面へ進むのだが、

003uraroji_20140913122439352.jpg

過去の記憶に残る、
おぞましき事実に思わず右折するのを忘れしまった。

だが、時間はまだまだ朝飯的な頃合に過ぎなかったのだ……
 
ぼくは左手方面にそびえる榛名山に思いを寄せながらも、
国道17号線をひたすら下っていったのだ……


裏路地小劇場 第七幕 完
次回 第八幕へ つづく……



スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://hitotok.blog135.fc2.com/tb.php/417-6c76f106
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
このサイトはAmazonアソシエイトを利用しています

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。