裏路地小劇場 即興新潟県 第八幕


それが何を意味していようが、そこに時間が存在し、何かが起き、僅かながらに『ヒトトキ』を感じるものである・・・

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

群馬県から
新潟県へ一般道で入るには、

17号線をひたすら進み、法師温泉を通り越して、
三国峠をこえねばならない……

この曲がりくねった峠道には有名な温泉旅館も多く、

ぼくも、かつて法師温泉「長寿館」に宿泊したことがあった。
当時は雪も降りしきる時期で、

法師温泉の少し手前の赤谷湖を望みながら
スモークチーズと生ハムでサンドイッチを作り楽しんだものだった……

あれから、もう十五年も経過したのか……

 uraroji001_201409182055149c9.jpg

しかし、ぬくぬくとした感慨にばかり更けている場合ではない、

この温泉の先にある三国峠こそが、
新潟県へ入る最大の難所と言わざる得ないだろう……

何故なら、
この三国峠にある三国トンネルでは幽霊が出ると言われている。

そう……
そんな事が言われている以上、ここを通過する者のたしなみとして、
幽霊体験をするのが礼儀であろう……

 uraroji002_201409182108186a9.jpg

それが、どんなものであろうとも、
この旅路を彩る重要な要素になるのは間違いがなかった。

まさに、旅の醍醐味である。

 uraroji003_20140918212343a22.jpg

恐怖の為か、
肌が敏感に大気の変化を捕らえ、小刻みに震える。

雨脚も強くなってきたようだ……

しかし、トンネルはもうそこに迫っている……


裏路地小劇場 第八幕 完
次回 第九幕へ つづく……



スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://hitotok.blog135.fc2.com/tb.php/418-87148e50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
このサイトはAmazonアソシエイトを利用しています

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。