それが何を意味していようが、そこに時間が存在し、何かが起き、僅かながらに『ヒトトキ』を感じるものである・・・

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 少し前まで「裏路地小劇場」なんて、
 
 ぼくの中に存在する、
 僅かばかりのヒトトキを演出する場を設けて作品を発表していた……

 もちろん、
 ぼく自身は好きな作品ばかりなのだが、

 このような場末のサイトで生まれた以上、 
 それなり感の溢れた作品ばかりなのかもしれない……

 だけど……
 今年一年間、裏路地小劇場としては8月中ごろまでだけど、
 色々な場末感溢れる作品を書き、

 何が必要で、何を目指せば良いのかと言う事に気づいた。

 決して、良い作品が書けると言う意味では無いが、
 より、自分好みの作品に仕上げることが出来るようになった。

 ただ……

 その代償として、
 原稿用紙50ページ程度の新作を書くにあたり、
 まる四ヶ月もかかってしまった……

 毎日、通勤電車に揺られながら書き、
 夜中にふと目覚めては書き、

 何気の無い、
 つなぎとも言えるシーンに四日間も費やしたり……

 随分と時間をかけたものである。

 この作品は、
 公募に出してみたいと思うので、
 しばらくは公開することは出来ないけど……
 
 ぼくにとって、
 今年最大の大きな収穫なのは言うまでも無く、
 場末たぼくの人生において、

 ささやかであるが貴重な演出なのである。
 
 でも所詮は、
 掃き溜めの中のゴミに等しいものなのかも知れない……
 
 ああ、寒い……






 先日、
 社会的かつ業務上の理由として東北へ赴くことになった……

 いわゆる出張と言うヤツで、

 期間は三泊四日……
 それが長いと感じるか、短いと感じるかは人それぞれだと思うが、

 不慣れで、
 観光施設も近くにない場所における拘束は有り難いものではなかった。


 まあ仕事で行ったのだから、
 都合よく観光施設に恵まれる事なんて滅多に無いものかも知れないが、
 
 ぼくとしては、
 仕事はそれほど重要でなく、拘束された期間内に置いて、

 どれだけ、
 ぼくなりのヒトトキを演出できるかが重要であった……

 東北の某駅へと降り立ったのは夜七時も過ぎた時間帯だった。

 009uraroji.jpg

 雨が降りしきり、
 地面の雪はジャブジャブなものへと変化している……

 通りは何処にでもある様な銘柄の居酒屋が何件か軒を連ね、
 食事だけを目的とした施設はほとんど無く、

 焼きカレーだのラーメンなんて代物は、
 その時の気分としては単なる食欲を満たす為だけの固形物に過ぎなかったのだ……

 その結果として、
 第一印象としては、全くもって、つまらない街だった。

 それでも、
 ホテルまでの短い距離を歩いた感じだと、
 街の片隅には場末た感じの歓楽街が多数息づいているようだった……

   001uraroji_20141221163546a67.jpg

 ただ、場末の飲み屋とは言え、
 そもそも飲みに行くお金の無いぼくにとっては、

 その雰囲気に身を晒し、
 土地のお姉ちゃんと地元民の卑猥なやり取りを想像するだけだ。

  002uraroji_201412211635488f8.jpg

 雪景色に彩られた場末の飲み屋街の景色は、
 普段見ることの出来ない景色であり、それなりな味わいを感じさせてくれる。


   003uraroji_20141221163549f78.jpg

 違う路地へ一歩はいれば、
 短い路地だが怪しげなネオンと異国風の看板が光り輝いている。 


 それは面白みの無い街並みの表面的につくろった路地には無い、

 その街の本当の顔なのかもしれない……

    005uraroji_201412211638135c5.jpg

 再び、別の路地へ一歩おもむけば、
 
 何時の間にやら雪の降りしきる別世界である……

 不思議と、
 寒がりであるはずのぼくの身体は熱気に包まれていたのだ……




はい

3時51分書き上げました。

これから熟成と灰汁とりに入ります……

寝ます!

 久しぶりに、

 ネットの隙間に存在する我が隠れ家へと訪れてみれば、

 雑草ハエまくり……

 それでも日々のリアリティな世界での生活は留まる事も無く、
 多くのことをこなしていくと、

 何時の間にやら明日は選挙となり!

 これこそ、まさに絶妙なタイミングです!
 選挙とは人が何を言おうが、自分で考え選択し、権利を行使する!


 とりあえず、ぼくの暮らしは消費税増税の影響で非常に苦しい!

 そもそも、毎月千円ないし、二千程度のお金しか自由に使用できないぼくにとって、
 その影響力は多大であり、

      002_20141213114425208.jpg
 収入は増えるどころではなく、減る方向へと推移している……

 当然、値上がりや、
 個人消費の落ちこみはこれからが本番だと考えております・・・・・・

 そうなると、
 増税の推進や、増税延期後の増税の推進などは到底受け入れられない……

   001_20141213114043d23.jpg
 じゃあ……

 そんな訳で、
 増税を根本的に反対している政党に投票すべく日々頭を悩ましている。

 もちろん増税を反対している政党が、良い政策をかかげ、政権をとり、
 世の中を良くするなんてことは全く考えていない


 それよりも増税推進している政党に対してNOを言うのが、
 ぼくにとっての最重要項目であり、
 

 これが今回の選挙のもっとも優先せねばならない項目である。

       003_20141213115027376.jpg
 じゃないと、そもそも目先の生活がなりたたなくなってしまう……

 世の中には、
 そんな人間も選挙の権利を持っているのであり、

 自分で考え、判断し、優先順位を決め、明日は選挙に行くのである!








ああ……

具合が悪い、ただいまの体温38.5……

寒気の後に訪れる灼熱地獄……

ところで、
そんな環境下に置いて裸のランチを観た……

分かりにくいとか、よく言われるが、
実際はそうではなく、
勝手に思えば良い……

ストーリーは 簡単で、

前半は殺虫剤で幻覚症を患い
奥さんを殺すまでを現実の視点でアッサリと描き、

後半は殺虫剤中毒の彼自身の視点で
奥さんを殺すまでの長い混沌とした世界を書く……

なんにせよ、
ぼくは具合が悪く、奔騰に裸のランチを観たのだろうか?


このサイトはAmazonアソシエイトを利用しています

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。